FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
RENAULT KANGOO と PEUGEOT 205 CTI をいじりたおし中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




紆余曲折ありましたが、とりあえずXantiaのヘッドライトを
交換しました。
夜道が心もとないくらい暗ーいランプだったので、HIDに近い
光源を!ということでこんなん購入してみました。
060917_1449~0001.jpg


Neoブライトとかいうライトです。
3,980円だったんですが、Yahooショッピングでは5,200円する
んですね。いい買い物でした。

で、早速雨を心配しながら駐車場で作業開始。
車載のマニュアルを見てみましたが、ヘッドライトの構造しか
書いてないため、どこから手をつけてよいのかよくわからず…。

色々手探りでボンネットをあけて調べてみると、どうも
フロントグリルを外さないとヘッドライトのカバーが開かない
構造になってるみたい…。

こうなったらとことんやってやりましょう!

はい、ここで必要な工具を紹介します。
といってもたった二つだけ。

10mmのスパナと20Tのトルクスレンチです。
ちなみにトルクスレンチはいたるところで使うので、
あらかじめセットで購入しておくと便利です。

※以下の作業は素人によるものですので、参考にする場合は
 自己責任でお願いします。


…ということで、まずはウィンカーカバーを外します。

ボンネットをあけて、写真の○付近にあるレバーを押しながら
前方に押し出すようにするとポロっと取れます。
060917_1510~0001.jpg


そうするとトルクスネジがでてきます。
こいつをささっと外します。以降左右両方、同時に作業を
行っていきます。
060917_1510~0003.jpg


つぎに、フロントグリルの隙間にあるネジもトルクスレンチで
外していきます。
060917_1510~0002.jpg


最後に、エンブレム上にあるプラスチックのリベットを
マイナスドライバーなどでもちあげて、ペンチで引っこ抜きます。
これが結構硬くて、始めは本当にとっていいのか不安になりました。
060917_1510~0004.jpg060917_1522~0001.jpg


ここまでくるとようやくフロントグリルが外れます。
ライト下の二箇所でまだツメがはまっているので、グリルを
折らないよう、慎重に引っこ抜きます。
060917_1529~0001.jpg


はい、グリルが取れました。
すると○で囲んだ箇所にボルトが留まっているので、
10mmスパナでがしがし外します。
060917_1530~0001.jpg


と、ここでトラブル発生!!
僕の持ってるソケットレンチは安物なので、もろい分厚くて
隙間に入らない…
060917_1532~0001.jpg


こりゃあまずい、どうしよう…
と悩んでいるところに雨が!まさに泣きっ面に蜂!

しょうがない、ソケットレンチを買い足しにオートバックスへ行き、
駐車場の屋根の下で作業をしよう!


ということで大急ぎで元に戻して、オートバックスへ。


せかせかとオートバックスにてよさそうなソケットと
これでもだめなとき用にこれまたよさそうなペンチを購入。

駐車場に戻って四苦八苦していると…



外れた!
でも左側は右に比べてずいぶん隙間に余裕がない!
こんなんで元に戻せるのかしら…

いやいや、悩んでもしょうがない、外していきましょう。

ボルトを全部外すと、あとはカバーを覆っている金具を
マイナスドライバーでこじ開けていけば外れます。
まあカバーは外さないでもいいんですけど、とりあえず
カバーを掃除できるのでここでは外しておきました。

で、今度はライトのコネクタを出します。
○の部分に見える針金を押すとパカっと外れます。
060918_1150~0001.jpg


ここまでくればあとはバルブを交換するだけ。
ちなみにヘッドライトは一番端の、逆向きに照射して反射している
ライトです。
その隣はハイビームですので、どちらかしか交換しないときは
注意してください。


さて、交換してみて、その結果は…わくわく…





060918_1106~0001.jpg060918_1222~0001.jpg



…あのー、どっちがどっちだかわかる人、手を上げてください。
あまり変わらない気が…

まあ暗くなってから試しに乗ってみることにします。
きっと外が明るいせいでしょう…多分…そうだと言って…。
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク







大変な作業ご苦労様です。


真に申し上げ難いのですが、バルブ交換だけならライトは外す必要は
ありません(^^;;;。
Xantiaを買った頃、例のムック本に書いてあったのかそれとも書き込みを
見たのか運転席側のバルブはライト毎外さないと厳しそうというのを見た
気がします。

大体玉切れするのは夜と決まっておりましてw、「いくらフランス人でも
そんな作りにしないだろ」と交換した事があります。

一番下の写真に出ている留め金を手探りで外し、手探りでバルブを止めて
いる留め金を外し、元に戻す感じです。全て手探りです。どちらにしても
夜なので見えませんw。

交換したバルブはスタンレー製 "1年以内に切れたら保障します"とか書い
てあったバルブです。スタンレーって過去の車でライト事態の印象が悪いの
ですがサブタイトルに引かれて購入。学生の時と違って夜間走行が減った
とはいえ来年4月で6年を迎えます。最近このサブタイトルを見ないという
事はオーバースペックで作ってしまったからなのでしょうか。

ポジションランプはそのうち切れると思いますので、次回は手探りでどうぞ。
又は今回の作業をしてライトの内側掃除とか、イギリスモデルのガラスを入
れるとか。Xantiaの部品購入の為、国内価格と比較した上で個人輸入をして
いますがライトには手を出していません。先のスタンレーのせいで感覚が狂い
(元年式のホンダ インテグラよりは)Xantiaは明るいと思い込んでいるからです。
【2006/09/18 19:27】 URL | kyo #-[ 編集]
kyoさん>

さすがに外してみて構造を理解しないと
手探りは厳しいですよね・・・
次回は手探りで挑戦してみようかしら。

当初はカバーを清掃する予定で外したのに
オートバックスで作業したモンで結局タオルで
拭く程度しかできませんでした('A`)
なんだよ、もう。

あ、先ほど夜間運転してきたんですが、
明るさはばっちり。遠くまで見えるようになって
満足して帰宅しましたw
【2006/09/18 21:53】 URL | トール #fXqQpIY2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 つ づ き は H P で な っ !, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。